春期講習-現代文


春期講習(LIVE・映像)

春のセンター現代文
  • 評論3題、小説3題を扱う。
  • 2次で現代文が必要だが、通期で国語を取らないという現役生は、「春期:この講座→夏期:2次対策講座」の流れでマークと記述の解答法を両方とも学んでおくと良い。
  • 別に「春期:スーパー現代文(2日間)→夏期:センター対策講座」の流れでも構わないが、これだと秋以降の2次の過去問演習が若干やりにくいかも。理由は僅か2日間しかないことと、過去問までの期間が結構空いてしまうこと。
  • いずれにせよ夏までに読解法や解答法(記述とマーク)を一通り学んでおくと良い。未修内容を冬に持ち越さずに済むし、テキストの復習や問題集でしっかり練習して身につけておけば、万全な状態で過去問演習に入れるだろう。
  • なお、例年秋にセンター現代文の特別授業が現役生向けに行われるので、不安な人はそれも利用すると良い。その他細かいことは冬期直前講習で補うと良い。

スーパー現代文
  • 2日間講座。
  • 『スーパー古文』とセットで講座を取ることもできる。
  • わずか2日間なので、通期の『スーパー国語』の体験授業的な意味合いが強い。
  • 通期の『スーパー国語』を検討している人向け。文系の人や、理数に余裕のある理系東大京大志望者など。

入試現代文のスタート
  • 高2と同一。

そこが知りたい現代文
  • 内野先生(関東の先生)の映像講座。
  • 通期のやり方と異なるので要注意。
  • 高1・高2と同一。
  • 高3・高卒の場合は夏期にも設置されている。

★以下7つの講座は霜先生(関東の先生)の映像講座。
夏期・冬期にも設置されている。
関西現代文科の読解法と方針が異なるので要注意。
霜先生担当の講座全般に関して、まずは市販の参考書を参照すると良い。関西現代文科の読解法が合わない人は講習で取ってみるのもアリだろう。

現代文読解力の開発講座
  • 駿台文庫から出版している霜先生著『現代文読解力の開発講座』の問題解説を行う授業。
  • 上記の本は評論のみしか扱われていないので注意。小説の読解法も学びたいなら、他講座の方が良いかもしれない。
  • 復習が大事な講座なので復習を何度もすると実力が伸びる。

現代文設問の攻略法講座

現代文読解法マスター

現代文読解法☆飛躍のメソッド★

現代文記述法★完成のメソッド☆

センター小説攻略法+α

センター評論攻略法+α


開講準備必修講座

高卒ハイレベル現代文

高卒スーパー現代文

  • 最終更新:2017-07-27 00:50:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード