春期講習-物理


春期講習(LIVE・映像)

入試物理のスタート
  • 力学と波動の分野について、始めの方のテーマを使って、基本事項や物理的な考え方を確認していく。

電磁気のスタート
  • 静電気、コンデンサー、磁界を主に扱う。要項の説明はおろか、前書きすら付いていないペラペラのテキストである。
  • スタートと言えども本当の初学者には厳しいかも。ややキツイ問題が含まれているのだが、要項は全く無いし、教科書を見ながら解くのもキツい。ある程度やった人なら普通に解ける問題なのだが。

物理特講【HG】
  • 主に力学分野を中心にを扱い、少しだけ波も扱う。『高3スーパー物理』(前期)の予習といった感じ。
  • 2、4日目にテスト演習が行われる。
  • 力学は物理の全分野の基礎に該当するため、習得が遅れると他分野の学習が厳しい。早いうちから対策しておくのが良いだろう。

★以下の4つは映像講座(いずれも2日間講座)。
いずれも基礎講座である。というより、初学の現役生向けの講座なので、高卒校内生が取る必要はないと思われる。
入試物理へのアプローチI(力学)
  • 小倉先生(関東の先生)の映像講座。

入試物理へのアプローチII(波動)
  • 笠原先生(関東の先生)の映像講座。

入試物理へのアプローチIII(電磁誘導)
  • 小倉先生(関東の先生)の映像講座。

入試物理へのアプローチIV(光)
  • 笠原先生(関東の先生)の映像講座。

開講準備必修講座

高卒ハイレベル物理
  • 力学、波動、静電気の分野を扱う。
  • 問題の難度は低めだが、基本事項の解説をその分じっくり行うので、苦手な人にはオススメ。

高卒スーパー物理
  • 力学、波動、静電気の分野を扱う。
  • 古大工先生は春からこの講座を受けて、早くから周りと差を付けることを勧めている(通期の初回授業を受ければ分かる)。勿論担当が古大工先生に拘る必要はない。

  • 最終更新:2017-05-11 16:44:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード