春期講習-数学


春期講習(LIVE・映像)

エクストラ数学
  • 高3生専用の選抜制講座。三森先生が担当。
  • 既に東大京大の合格圏に達している人を対象としている。

春のセンター数学IAIIB

入試数学IAIIBのスタート

入試数学IIIのスタート
  • 数学Ⅲの極限、微分をド基礎から学ぶ。学校の授業についていけないという人や、極限と微分をまだ習っていないという人向け。

春の数学特講
  • 2017年度より新作のテキストを使用。扱う範囲はIAIIB。
  • 春期講習の数学の中では一番無難で、夏の『特講』シリーズと違い、背伸びをして取っても十分価値の有る講座。授業用問題はこれからの数学の勉強の指針になる。
  • 2015年度まで夏期『数学特講(IAIIB)』に収録されていた単元毎の要項と大量のcheck問題が、こちらに収録されることになった。基礎の埋め合わせに適宜使うと良い。
    • 数学弱者へのフォローを夏段階ではなく春段階に前倒しして行うようになった。Check問題に取り組む時間的なゆとりができた。
    • 別に夏期『数学特講(IAIIB)』を受ける上でこの講座の受講が事前に必須なわけではない。無論、同年度の同レベル講座として、内容の重複等への配慮はなされている。その意味で、両方取ると万遍なく問題にあたれるが、これは他の殆どの講座でも同様。
  • 難関大学に行きたく数学が得意でないなら取っても良いかもしれない。理系の高卒生は前期のX教材でも十分。
  • 杉山先生曰く、難関大学の入試での合格者なら確実に取ってくる問題が大半。因みに出題校は、京府医、東北、京都、筑波、岡山、近畿など。


ハイレベル数学IAIIB

名大ハイレベル数学
  • 小笹先生が担当。
  • 名古屋校のみの設置。『ハイレベル数学IAIIB』の4日に名大対策のテスト演習を1日を足した5日間講座。

スーパー数学IAIIB
  • 内容は夏期の『数学特講(IAIIB)』の自習問題集と被っているのがちらほら。
  • 問題量といい、『春の数学特講』の方が良いかと。

スーパー数学III
  • 微積、グラフが大半。高卒生は前期のZ教材で良いかと。
  • 高卒で数学IIIを一通りやった人は要らない。現役で数学IIIをやろうというのだったら良いかもしれない。

複素数の攻略
  • 杉山先生が担当する2日間の映像講座。
  • 理系学生の多くが苦手とする分野である複素数を扱う。
  • 基礎を確認しつつ標準レベルまで持ちあげていく。

医系数学
  • 森(茂)先生(関東の先生)の映像講座。
  • 実際の医学部で出題された問題を扱い、また自習用問題として講義用問題とは別の問題が収録されている。
  • 『大学への数学』を執筆している先生でもあり、とても分かり易い。問題を解く前に解法の指針を板書してくださる。そのため板書量が半端ないくらい多い。
  • 扱う範囲はIAIIB(三角関数と図形、座標、ベクトル、数列、微積分)。

そこが知りたい数学IAIIB
  • 小林先生(関東の先生)の映像講座。
  • 高1、高2のものと同一で、夏期、冬期にも設置されている。
  • サブノートに全ての解答・解説付。
  • なお、ベクトルの講座は時間が足りなかったせいか空間ベクトルがラスト10分程度しかなく、なおざりにあまり扱われないので注意。


開講準備必修講座

高卒ハイレベル数学IAIIB

高卒スーパー数学IAIIB

高卒スーパー数学IAIIB(実戦テスト)

高卒基礎からの数学III

高卒ハイレベル数学III

高卒スーパー数学III
  • 標準レベルの入試問題を18題扱う。内容は数学IIIの極限、微分、積分。
  • あまり得意でない人にはちょうど良い。現役で旧帝大レベルを受けた人で数学が得意な人には物足りないかも。
  • 地味に吉岡先生や米村先生の担当がある。

  • 最終更新:2017-07-27 14:09:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード