夏期講習-数学


概説

  • 校内生はまず前期の復習を全問、何も見ずに自力で解けるレベルまですること。ノートを見ながらでないと解けないのはまだ定着したとは言えない。ただし、数学は新しい問題に対処する能力も大切なので、余裕があれば市販の問題集や講習も使うと良い。
  • IAIIB分野とIII分野のそれぞれで対策方法(自習or講習)を考えるのが基本になる。但し、『数学重要β』や『大学別数学』など、総合的な講座を検討することもできる。
  • 主な講座のレベルは、エクストラ数学>大学別数学≧数学特講≧完全攻略(映像)>数学重要≧攻略(映像)>数学徹底>数〇頻出分野>数〇〇頻出分野。目安レベルは大体、S教材の学習が順調→数学特講、B教材が順調→数学重要。
  • 殆どのテキストは奇数年度用と偶数年度用があり、2年前のものを改訂している。また、IAIIBとIIIでは同一名講座でもIIIの方がレベルが高い。(要するに『数学特講(III)』のレベルはかなり高い)。
  • 数学は特に積み重ねが大切であり、磐石な土台がないと講習は散発的に問題にあたるだけに感じられて効果が低い。通期の復習の徹底が大前提で、その復習をサポートする講座や、その上に積み重ねる講座を検討すると良い。


センター対策講座

夏のセンター数学IA
  • センター数学IAの授業。
  • 夏は講義中心なので、苦手な人は丁寧に準備していけば良い。冬はテスト演習の比重が上がる。

夏のセンター数学IIB
  • センター数学IIBの授業。
  • 夏は講義中心なので、苦手な人は丁寧に準備していけば良い。冬はテスト演習の比重が上がる。


二次・私大対策講座

エクストラ数学~超難関大入試完答を目指す数学~
  • 三森先生のオリジナル講座。
  • 既に合格の算段がつき始めている人がさらに上を目指す講座。『数学特講』や大学別講座の方が無難だろう。
  • 授業は「テスト演習(90分3題)→解説」×4日間。師考案の問題と過去の模試問題が出題され、かなり難しい。採点は師自身が行う。
  • 受講するには認定が必要。但し、認定はSS・MSには無条件で出て、SA・MAなどでもそれなりの成績なら普通に出る。認定基準が非常に甘いため、検討には注意が必要。
  • 所詮文章読解の『エクストラ英語』よりレベルが高めで、実力が足りないと全くついていけない。

数学特講(IAIIB)
  • 秋山延雄先生(故)→杉山先生作成。
  • 前期テキストの補充として取るなら結構価値のある講座。IAIIB範囲の応用力養成と前期の穴埋めをやる。
    • 難関大入試で合否を分ける標準~やや難レベルを扱う。難易度は前期『XS』以上、後期『XS』以下。
    • 『XS』だけでも内容的には必要十分なので、そちらが最優先。演習量の不足などは各自問題集で補うと良い。自習がうまく進まない人や、どうしても講師による解説が必要な人はこの講座を利用すると良い。
  • テキストには、授業で扱う演習問題約18題と研究問題約46題が収録されている。2016年よりcheck問題112題が削除され、教材を別冊の研究問題集と統合、スリム化した。
    • 十分な問題量が提供されるが、自習目当てなら市販の参考書の方がコスパ・解説共に良い。
    • 文系の受講者も想定しているので、数学的に深い内容を追究するわけではない。一橋大や医学部の問題が多い。
    • 良問選集と言うより、どんな問題にも対応できるような公式の練習問題という色合いが強い。研究問題は殆ど改訂がなく、古い問題が多い。
  • 杉山先生、小山先生、五藤先生など人気講師の担当が多い。一方、講師の人気が最もあからさまに出る講座で、1時間で締め切る先生から受講生が数人の先生まで様々である…。
    • 杉山先生の授業は、「方針の概観解説→解答の板書解説」の二段構え構造を取る。方針解説ではフローチャートが多く、数学が苦手でも考え方が吸収しやすい。解答解説では答案を作成しながら、重要事項の使い方や細かな注意事項を確認していく。このような二重構造の解説により、授業内容が繰り返し刷り込まれていくので吸収しやすい。なお、平時と違い板書解説に加えてプリント解説も配布され、そこには自著の『実力強化問題集』からの抜粋問題も付く。
    • 小山先生は華奢な見た目とは裏腹に熱血であり、こちらに語りかけるように力強く話すので授業に引き込まれる。授業では解答と重要事項のみを板書し、生徒が板書マシーンになるのを回避するために、殆どの解説事項はあえて口頭で済ます。少し飛躍が大きい事もあるが、数多くの数学的な考え方が合言葉化されていて分かりやすい。非常に抑揚の大きい喋り方で強調し、何度も繰り返すので、自分で意味をよく理解しながらメモを取ると良い。なお、ポイント毎に類題を配ってくれる。
    • 五藤先生の場合、名古屋校において朝夜は【HG】化して自由参加の補講をする(京都校では30分程度)。補充問題やアイデアプリントも大量にくれる(しかし字が雑い)。板書量は多い。
    • 井辺先生はレギュラー同様に、事前にプリントを配布し『数学特講(III)』顔負けの問題数をこなしていくことになり(進度が速い)、また問題の解く順番もテキスト通りでないので予習に注意。

数学特講(III)【HG】
  • テキスト作成者は米村明芳先生。
  • レベルは入試やや難以上。東大、京大、旧帝大医学部志望の中でも数学が得意な人が対象。巻末付録の問題レベルも含めて、これ一冊で大体の大学入試数学は万全。多少の漏れは自分で補ったり、冬期の『数学特講(理系・完成編)【HG】』などの講座で埋めると良い。
  • 2010年度までは『数学IIIC総合研究』という講座名だった。但し、教材の中身は殆ど変わっておらず、変更点は2011年にcheck問題を導入、12年にテスト演習が消滅&授業問題が若干増量、16年にcheck問題が削除。授業問題は毎年24〜28題を扱い、復習問題も収録されている。
  • 授業問題は全てヘビー級であり、知らなければできない典型問題や大数評価でCレベル水準の問題からなる。1題1題徹底的に解説するので得られるものはかなり多いが、授業の進行ペースもかなり速い。「かなり難しかったと思いますが、しっかり復習してください。夏にこれだけ出来れば十分です。」(byべいそん)
  • 米村先生は2010年以前に「(駿台)全国模試で偏差値70ない奴は取るな」と仰っている。力不足の人は予習段階で白紙、ただノートを丸写し、板書を見るだけ(勿論理解が不十分なため授業用問題復習不可&復習用問題消化不良という悪循環)で16時間終わってしまう。微分法や積分法の問題は比較的に自力で完答しやすいので、受講の目安にすると良い。
  • 自信がない人は背伸びしてこの講座を取るより、前期の復習+標準レベルの講座や問題集をこなして後期に備える方が無難。特に、米村先生と杉山先生の共著である『数学IIIの完全攻略』(駿台文庫)は、この講座より難易度は少し下がる(標準~やや難)が問題の選定は似ているので、検討してみると良い。
  • 米村先生、杉山先生、三森先生の担当が人気。
    • 数学が得意ならば米村先生がオススメである。適切に各問題に対して充実した要項や厳密でエレガントな解法、注意事項などを与えてくれる。とくに極限においての「概算」は圧巻である。解析分野の本質や問題背景に踏み込むことも多々あるため、他の講師よりも更に学力の要求水準が高くなるが、授業とテキストをモノにできた時は数学IIIに限らず、数学の問題への眺望は大きく変わるであろう。なお、教える知識量が多いので板書量はかなり多い。
    • 杉山先生は解説の深さこそ米村先生には劣るものの、問題を解くことを主眼に置いた師の実戦的な解説は、数IIIの特性も相まって即効性が強く、秋に向けての大きな指針となる。配布プリントには典型的な手法を確認する問題が数多く載っており、自信がない人にも重宝する。
    • 三森先生は、数IIIの根幹となる重要事項を大量の板書で説明する。凡用性の高いものが精選されているので、きちんと復習すれば必ず力は付く。テキスト問題を全て解説し切れない可能性が高いが、師の授業の本質は、テキスト問題の範疇に収まる物ではないので然したる問題ではない。詳細は下述の『数学重要β』と同様である。
    • 五藤先生はテキストの解説を軽めにし、自作プリント(要項集)を使って五藤先生が持つ数学IIIの知識を教えてくれる。「要項の説明→具体例→それを利用してテキストの解説」という流れになる。毎日20~30分ほど延長する。井辺先生は、更に問題を追加していく。また、テキスト・執筆者のことを絶賛していた。
  • 最後に改めて、テキストの冒頭にもある通り、問題を見て「無理だな」「難しくて解けそうにないな」などと感じたら、無理せずレベルを下げた方が良い。アンケートで後悔した人が多いため、米村先生がわざわざ巻頭に記載したと思われる。高卒校内生なら、前期『ZS』が楽勝な人や、復習を繰り返すなどして夏を迎える段階できっちり仕上げた人が受講の目安かもしれない。

数学重要α(IAIIB)
  • IAIIB範囲の標準問題を解けるようにする講座。
  • テキストには授業用問題20題が載っている。レベルは前期『YS』並みで、解法が同じ問題も5、6題ある。
  • 数学が苦手な文系の人にオススメ。理系には数IIIの重要度や、他教科とのバランス的に『数学重要β(IAIIBIII)』を勧める。数学がかなり苦手で分野を絞って重点的に勉強したいなら『数学重要α』や『数学重要(III)』を考えると良い。
  • 但し、この学力レベルで両方受講するのは消化不良につながるのではないか。前期の復習が残っているならなおさらだろう。この夏の大半を数学に捧げるくらいの覚悟がいると思われる。

数学重要β(IAIIBIII)
  • 数学全範囲を網羅的に扱う講座。
  • 2010年度までは『数学頻出β』という講座名だった。但し、「数学全範囲の標準問題を解けるようにする」という趣旨に変わりはない。
  • 全範囲を1講座で賄うため、授業で全てを基礎からできる訳ではない。ただ、先生によっては解説を広げたり自習問題を配ったりしてくれるので、そこまで心配はいらない。
  • 『特講』は消化できるか心配な人、『重要α』と『重要III』の両方は分量が多いと感じる人、前期の復習が途中の人などにはこの講座がピッタリだろう。比較的小さな負担で全範囲を確認できる。
  • 三森先生や井辺先生などハイレベルな授業を展開する先生の担当も目立つ。
  • 三森先生が担当なら、大量の教科書、研究問題プリントが配布され、授業では数学の基本事項の説明、解法を大量の板書で紹介する。数学を得意にしたい人にオススメ。説明に費やす時間が長過ぎてテキストの問題を終わらせることはない。本人は「特講IIIC(現在の『数学特講(III)』)は同じことの繰り返しだけど、この講座は分野の幅があるからむしろこっちを【HG】にして欲しいんだよ。」とおっしゃっていた。なお、この講座を三森先生で受けた場合、冬期『数学特講(理系・完成編)【HG】』の三森先生担当分への、良い接続となる。
  • 井辺先生が担当すると、テキストは使用せず(解答は配布)、師のプリント30題程度(阪大、神戸大などの過去問)で授業を進める。もはや師の特設単科である。プリントは事前に郵送される。師は「『数学特講(IAIIB)』と『数学特講(III)』を足して2で割った感じやからこっちを【HG】にして欲しい。」とおっしゃっていた。
  • 基本的には「基礎的な問題で定石を学ぶ」講座なのだが、上記の通り「一人の講師に全分野学べる講座」として比較的高いレベルの授業を展開する先生も結構居る。本来の目的で受講を考えている人はよく調べてから受講すること。

数学重要(III)
  • 数IIIの標準問題を解けるようにする講座。
  • 難易度は前期『ZB』以上、後期『ZB』以下。
  • 『ZB』が配当されているなら、『数学特講(III)』よりこちらの方が後期教材への接続がしやすい。

数学徹底(IAIIB)

数学徹底(III)

数IA頻出分野

数IIB頻出分野

実戦!計算力向上メソッド(IAIIB)
  • 五藤先生のオリジナル講座。
  • 医学部の問題が多い(生徒から医学部に偏っていると指摘されたため少し改善された)。
  • 師によると「結構できる生徒が質問に来た問題」を参考にしたらしい。解説したいことが全て含まれている問題を探した結果、かなり古い問題も掲載されている。
  • 夜の時間帯だと約40分延長。センター試験テクも教えてくれる。

実戦!計算力向上メソッド(III)
  • テキスト作成者は五藤先生と小山先生。2日間講座。
  • 1日目は積分計算、2日目は不等式の評価を主に扱う。五藤先生の考案した計算テクが学べるので計算が苦手な人にオススメ。
  • この講座に限らず、テクニック系の講座は上手く活用できる問題が中心であるので、演習を通じて様々な問題に適用してみる経験を積むのは必須。但し積分計算は一般的なやり方と全く違うテクニックを習うため、一般的なやり方に慣れている人は無理に解き方を変える必要はないだろう。
  • 医学部の過去問なども入っているので薄いテキストながらにパンチの強い内容になっている。
  • 2013年度のテキストでは2014年度大阪大学のほぼ同じ問題を解説していた。
  • 五藤先生で取ると授業延長あり。


大学別講座

東大理系数学
  • テキスト作成者は小林先生など(関東の先生)。
  • 実戦模試や他大学の過去問からなる。東大に通用する高いレベルの思考力を養うことが目標。扱う内容は、図形、整数、確率、微積分、論理・論証の五大テーマ。
  • 巻末の付録に25年分の問題が載っていたが、2017年度より5年分に削減され、それ以前のものから東大らしく演習価値の高い10問の載ったページが設けられた(解説もあり)。
  • 講義は実質3日間で、4日目は「テスト(75分)+解説」。吉岡先生で受けるとテスト時間が5分ほど短くなる。

東大文系数学
  • テキスト作成者は森先生(関東の先生)。
  • 扱う内容は、数式、図形、数列・確率の三大テーマ。
  • 4日目には、テスト演習100分と解説60分を行う。

京大理系数学
  • テキストは麻野先生、勝美先生、森(宏)先生、後藤先生の共著。そのため上記先生方の担当が多い。
  • 京大過去問は例題のみに使われ、授業用問題には実戦模試や他大学の問題、またはその改題などが用いられている。
  • 森(宏)先生で取ると、作問の意図や元ネタ、関連する過去問などの情報を話してくれる。
  • 米村先生の担当が広島校にのみある。

京大文系数学
  • テキスト作成担当は理系と同じ。そのため上記先生方の担当が多い。

東北大理系数学
  • 西日本では浜松校にのみ設置されている。鹿野先生が担当。

東工大数学
  • 西日本では名古屋校、福岡校にのみ設置。名古屋校では谷口(昌)先生、福岡校では廣瀬先生が担当。

一橋大数学

阪大理系数学
  • ほぼ楠本先生の独壇場。
  • 名古屋校では松永先生が担当。1日当たり5題のペースで講義は展開されており、テキストの問題は実戦模試、他大学の過去問等も含まれている。
  • 松永先生曰く、「本番では取るべき問題ばかりですからね~」とのこと。だが中には少なからず難問もあるので注意が必要。なお、松永先生の講座だと補充問題を数問、最後の授業で解説をしてくれる。

阪大文系数学
  • ほぼ楠本先生の独壇場。

名大理系数学
  • 名古屋校と浜松校に設置されている。
  • 名古屋校では小笹先生、浜松校では箕輪先生が担当。

名大文系数学
  • 名古屋校と浜松校に設置されている。
  • 名古屋校では小笹先生、浜松校では松永先生が担当。

九大理系数学
  • 広島校、福岡校に設置されている。広島校では吉田先生、福岡校では村上先生が担当。

九大文系数学
  • 福岡校にのみ設置されている。村上先生が担当。

広島大理系数学
  • 広島校にのみ設置されている。八木先生が担当。

広島大文系数学
  • 広島校にのみ設置されている。八木先生が担当。

神戸大理系数学

神戸大文系数学

大阪市大・大阪府大理系数学
  • 楠本先生の独壇場。


映像講座

この夏極める数学IAIIB
  • 清先生(関東の先生)の映像講座。
  • 各分野別の講座ではなく、「手法」や「考え形」を学ぶために複数の分野を混合させた総合問題を解くための講座。東大や京大の問題が多く収録されておりかなりの難問もある。
  • 『数学XB』との相性が抜群。

この夏極める数学III
  • 雲先生(関東の先生)の映像講座。
  • 極限、微分、2次曲線の問題の内、大数評価でBランクの問題を扱う。
  • どちらかと言うと現役生向けに授業する。
  • 殆ど白チョーク一本で余談や無駄な板書は一切ない授業。物凄く説明が論理的かつ丁寧で分かりやすい。ポイント説明もあり。

東大理系数学
  • 映像は小林先生(関東の先生)が担当。
  • LIVEで扱うものと同じ内容。映像授業用の補助プリント付。映像では試験時間はなく全て解説授業(テストは事前に自宅解答)。
  • 小林先生(通称コバタカ)の解説は非常に丁寧であり、映像講座ではあるがクオリティは高い。金のロレックスに目がいきがち。

東大文系数学
  • 映像は森先生(関東の先生)が担当。
  • LIVEで扱うものと同じ内容。

医系数学
  • 森先生の映像講座。
  • 医系数学において頻出分野である確率・極限・微積分・複素数平面を扱う。
  • 冬期(同名講座)より簡単。

★以下4つの講座は杉山先生の映像講座。

数学IAIIBの攻略

数学IAIIBの完全攻略

数学IIIの攻略
  • 『数学重要β(IAIIBIII)』よりもレベルは低い。

数学IIIの完全攻略
  • 『数学特講(III)』の一つ下のレベルの講座。この講座のレベルも結構高い。
  • 「基礎を確認しつつ応用力を養成」というよりは、「頻出の入試問題を演習しつつ重要な考え方・定石を確認」する講座。『実力強化問題集』の抜粋付き。
  • 総合演習っぽさが強い。問題毎に単発で重要事項がどんどん紹介される感じで、網羅性や体系性はあまり感じられない。『ZS』など基礎から系統的に学ぶ前期教材を切って代わりに受講するには適さない。
  • 杉山先生曰く前期『ZB』がスラスラできるレベルだと取ってもOKとのこと。

  • 最終更新:2017-09-17 14:58:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード