一年間の流れ(高卒)

3月

  • 国公立大・私立大の試験が全て終わる。
  • 来期に向けた説明会や体験授業などが始まる。
  • 通期で在籍するコースを決める。
    • スーパーコースの殆どにはレベル認定が必要。昨年度の通期受講講座or在籍コース、昨年度の駿台模試の結果、診断テストの結果でレベル認定が下りる。
    • 昨年度の駿台在籍者や、昨年度の駿台模試で基準の偏差値を越えた人にはレベル認定のハガキが家に届く。
    • レベル診断テストは3日に1回のペースで行われる。レベル認定が必要な人は受験すると良い。
  • プレースメントテスト(1)
    • クラス固定の生徒も含めて全員、2回のうち一方を受験する。2回目は4月上旬にある。
    • 成績によって前期の在籍クラスが決まる。受験の失敗者が集まり、独特な雰囲気である。
  • 春期講習
    • 高卒生が取っても問題ない。
    • 高卒校舎では開講準備必修講座が始まるため、4月1日から自習室人口が増える。

4月

  • 開講準備必修講座
    • 現役生は受けられない。対象者は高卒生のみ。
    • 「必修」と書いてあるが全く受けなくても問題ない。取捨選択を。
  • プレースメントテスト(2)
  • 前期クラス発表・教材交付・オリエンテーション
    • 前期の非上位クラスは基礎確認が丁寧で、盤石な土台を作るには最適。上位クラス(の教材)は科目の本質に迫るので、実力飛躍の準備には最適。
    • 上位クラスほど実力講師がつきやすい。前期の模試で高得点を取って、後期は確実に上位クラスに入ろう。
    • 入学特典として駿台文庫から3冊無料で贈呈、昨年度のセンター試験の自己採点報告などもある。
  • 前期授業開講
    • 基礎学力の完成(苦手克服)が当面の最優先目標。授業時間だけでなくむしろ自習時間を大切にし、必要なら教科書や基本演習にまで立ち返ること。
    • 通期教材の学習を徹底的に。前期は特にコアカリキュラムをしっかりと。前期は多少生活リズムを崩してでも、予習復習を徹底すべし。
    • 基本的に教材は真っ白で自習できないため、講義が命である。その講義が吸収できないようなら駿台に通う意味はない。何にも増して予習復習が最優先である。
  • 保護者会
  • フォローアップ授業
    • 苦手解消を図る講座。僅か2〜3コマの授業なので、見落としがち/混乱しがちなポイントを中心に扱う。
    • センター試験の科目別の得点が、駿台の基準点に到達していない人は呼び出しを食らう。しかし、基本的に受講は希望制。人気講師が担当している場合もある。
    • テキストは非常に薄い。授業は休日に実施される。
  • 駿台記述模試
    • 出題は基礎中心で難易度も易しい。高得点じゃない人は要反省。
    • 後期のクラス分けに関わる。ここで得点が揺らぐレベルなら上位クラスは怪しい。
    • 下位層ほど「勉強・テストともに久しぶり」な人が多いため、平均点はかなり低い。

5月

  • ゴールデンウイーク
    • それは世間の話。思いっきり遊びたいなら来年に。
  • 第一回判定模試
    • 出題は基礎中心で難易度は標準。
    • クラス分けに関わる。数学で差がつきやすい。ここまで高得点続きなら上位クラスは固い。
    • 始まって1ヶ月足らずの授業の成果は全く出ない。
  • 夏期講習校内生優先受付
    • 現役生をサポートするクラスリーダーと違い、高卒生をサポートするクラス担任には営業ノルマがある。しっかり取るよう再三忠告されるが、むしろ取り過ぎに注意。
    • 夏期は基礎固め(⊃苦手克服)が最優先。自習時間(⊃前期復習の時間、講習の予復習の時間、他の時間)をしっかり考慮した上で、講座選択を行うべきだろう。計0~7講座くらいが妥当か。
    • 講座選択は「各科目各分野について課題設定→課題克服方法の検討(自習or講習)→講座選択」の流れが基本。適切な講座を、適切な分量・タイミングで。
    • 講座申込みは「高3校内生→高卒校内生(くじ引きの順)→一般開放」の流れで行う。高卒生はくじが悪いと人気講座は取りづらい。講座の変更・キャンセルはクラス担任の許可の下で受講の一日前までできる(冬期・直前も同様)。
  • 健康診断
    • 無料で受けられる。

6月

  • 前期授業後半戦
    • だいぶ駿台の雰囲気に慣れ、皆の顔が明るくなる。
    • 授業を斬る生徒が現れ、フロホが賑やかになってくる。
    • 後期コース変更受付の期間がある。希望者は忘れずに。
  • 第一回全国模試
    • 通称「Soon die 残酷模試」。ハイレベル。
    • クラス分けに関わる。数学を筆頭にどの科目も差がつきやすい。実力のある高卒生はここで失敗の挽回が可能。
    • 現役生との実力差が顕著に現れる。高卒生は良い判定が出がちだが、全く当てにならない。
  • 保護者会
  • 第一回校内記述テスト
    • スーパーコース生以外が対象。
    • クラス分けに関わる。出題範囲は主に前期の学習内容。
    • 模試作成時の不採用問題が流用されているらしい。
  • 夏期講習教材交付開始
    • これのせいで自習室難民の発生する校舎がある。
    • 教材はその日のうちに一通り目を通しておこう。また、予習を全力で進めていこう。

7月

  • 前期授業終了
  • 夏期講習スタート
    • みんな「今年の夏はやったるでー!」と意気込む。
    • まず勉強の大前提として、自己管理を徹底するべき。生活リズムを整え、自分の時間と行動をきちんと管理するべきである。
    • 学習計画は「長期計画→短期計画→当日の行動」の構造に落とし込んで定めるのが原則。毎晩その日の学習を振り返り、翌日の学習項目をはっきりと明確にすることで、だらけ防止になる。
    • 夏までの基礎学力の完成(⊃苦手克服)が最優先なので、前期の復習を「徹底」すべし。また、未習分野の学習やセンター・志望大の過去問対策も推奨。
    • 推薦・AO入試の出願日は様々なので早めにチェック。
  • 駿台全国マーク模試
    • センター本試より難しいが、出席率はかなり高い。
    • 最初のマーク模試ということもあり、今後のセンター対策の第一歩としての力試し的な意味合いが強い。
    • ここからマーク模試も定期的に実施。模試の頻度が増える。以後の模試はクラス替えに関係しないので、取捨選択を。

8月

  • 夏期講習後半戦
    • 受講中心→復習中心、だれる→焦るなど。前期の復習は早めに終わらせたいところ。
    • 中盤(D期間)以降に多く受講すると夏中ずっと忙しい。十分な復習時間が確保できるか、模試に対応できるかなど、ハイレベルな自己管理能力が問われる。
    • 計画が崩れても諦めずに組み直して対応しよう。
    • AO入試の出願が始まるので、受ける人は忘れずに。
  • 第一回東大/京大実戦模試
    • 東大模試は本番と同じ2日間の日程で行われる。京大模試は1日で行われるため、相当疲れる。
    • 京大模試は他大志望者にも「夏の成果を試そう!」と勧められる。取捨選択を。
    • 実際には京大を受験しない人が多く受けるため、平均点は恐ろしく低い。高い偏差値は全く当てにならない。
    • 京都校/京都南校は、京大模試の試験会場が2015年まで京都大学だった。
  • 後期クラス発表・教材交付
    • 例年クラスの入れ替わりは激しい(残留は1/2〜3/4程度)。実力講師の担当から離れ、まともに学習しなくなる/できなくなる者も。
    • 最難関大志望者にとって非上位クラスは悲惨。予め盤石な土台が築いてあれば実力は伸びていくとはいえ、例年のクラス別実績的にも、特に数学や物理は教材レベル的にもキツイ。
  • 校内マークテスト
    • 高卒生全員が対象。2日間実施され、出席日数としてカウントされる。
    • 高校専売用の青パックを使用。従って出題は基礎中心で難易度もセンター+α程度、志望校判定は行わない。
    • 時期柄、サボる人も多い。各自取捨選択を。(模試のレベル、夏の積み残しや総復習、OPや実戦と連続、9月以降も模試ラッシュ)
  • 夏期講習終了

9月

  • 後期授業開講
    • 前期のノンビリとした空気が変わり、徐々に焦りが生まれてくる。徐々に自習室が混み始めてくる。
    • 模試が多くなってくる。後期は計画作成上、日曜日は無いものとして考えた方が良い。月に1〜2回だけある調整日だと思った方が良い。
    • 後期開講と共に冬期・直前講習の案内が配布される。
    • 各大学の説明会が始まってくる。多くの場合、無料で願書が貰える。日程をよくチェックしておこう。なお、事前予約は不要。
    • 防衛医大をはじめとした大学校の出願が始まるので、受ける人は忘れずに。
  • 突破レクチャースーパー東大実戦講座の実施。
    • どちらも各大学の傾向と対策を講義する講座で、9~11月にかけて行われる。
  • センター願書配布
    • 出願は各自で行う。証明写真の撮影は駿台でも行える。
    • 受験費の振込を忘れないように注意。(特に寮生、親から仕送り。)
  • 第二回判定模試
    • 後期になると志望校判定が一気に厳しくなる人も。進路指導の面談では、ほぼ後期の判定だけを考慮する。
  • 第一回駿台・ベネッセマーク模試
    • ベネッセ共催なので、問題のレベルはセンター本番に忠実に合わせてある。従って全国マーク模試よりは簡単。
  • 第二回全国模試
    • 一年間の模試の中で一番難易度が高く、各教科の平均点は大体3割ぐらい。

10月

  • 後期授業中盤戦
    • 怒涛の模試ラッシュ。必要なものに絞ろう。
    • 体調を崩す人が多く、風邪が流行るので注意。
    • 最難関大志望者は過去問に触れ始めるべき時期。
    • AO入試の出願が本格化するので、志望者は忘れずに。
    • 駿台でも受験用宿泊受付が始まる。試験会場から近くて安いところが押さえられると良い。
  • センター試験出願開始
    • 約1週間しかないので絶対忘れないこと!
  • 冬期・直前講習校内生優先受付
    • 受付時期が早め。十月の頭。
    • 担任が危機感を煽るが乗せられないように。夏期講習を踏まえた取り方を考えるべし。
  • 第二回駿台・ベネッセ記述模試
    • ベネッセと共催なので、難易度は低い。
    • 因みに「二回」というのはマーク、記述関係なく1回として数えているため。
  • 東工大/一橋大/名大/九大実戦模試

11月

  • 後期授業後半戦
    • いよいよ本格的に焦りが出て来る。授業を斬る人が増え始め、自習室が埋まっていることも。
    • センター後は感覚を取り戻すための復習で忙しく、私大対策がろくに行えない可能性が高い。複数校受ける人はセンター対策を本格的に始める前に私大の過去問にも触れておくべきである。
    • クラス担任が『パックV(センター演習教材)』を勧めてくるがあまりオススメしない。
    • 防衛医大の一次試験が始まる。医学部コースのたいていの生徒が受ける。
    • 推薦入試の出願が本格化するので、志望者は忘れずに。
  • 保護者会
  • 医学部医学科説明会
    • 大阪南校の9階講堂で行われる。小論文・面接対策の講演や個別相談会などが実施される。
  • 推薦・AO入試シーズンスタート
    • 推薦・AO入試合格を狙っている人は全力で頑張ろう。
  • 第二回校内記述テスト
    • スーパーコース生以外が対象。
    • 出題範囲は後期の学習範囲が中心。重要性が低く、サボる人も多い。
  • 第三回駿台・ベネッセマーク模試
    • これもセンター本番に忠実なマーク模試。高得点を取っておくと精神的に楽になる。
  • 第二回東大/第二回京大/阪大/東北大/北大/神戸大/広大実戦模試
    • 持てる力の全てを出し切り、残りの期間で最終調整を行おう。
    • 因みに河合塾のオープン模試もこの時期。駿台の行事をサボって受けに行く人も多数いる。
  • 冬期講習教材交付開始
    • これのせいで自習室難民の発生する校舎がある。

12月

  • 第三回全国模試
    • 通称「大(Die)惨事残酷模試」。ハイレベル。
    • 実施返却共に時期不相応である。 これにより精神を挫く者も。
    • 切り捨てて、河合塾の全統マーク模試に行く人(特に医系)も多い。
  • 医系模擬面接
  • 後期授業終了
  • 冬期講習スタート
    • 冬という時期柄、入試が近いこともあり心身共に健康を崩しやすい。自己管理の徹底がこれまで以上に重要だろう。
    • 総合点を最大化するために、実力養成&志望大対策&センター対策の最適な配分をしっかり考えよう。
    • 直前講習I期教材の交付が受付で始まる。忘れず早めに受け取ろう。
  • センター試験プレテスト
    • 最後のセンター型模試だが、センター本番よりかなり難しい。

1月

  • リハーサルセンター試験
    • 元日に市販の青パックでセンター演習を行う。参加は任意。
    • 青パックは料金を前払いして当日に受け取るか、自前で用意するか選べる。
    • 結果報告などはないので、青パックではないセンター演習をやっている者も。
  • 直前講習I期スタート
    • 模擬問題ではなく過去問に「慣れ」よう。
  • センター試験直前
    • 浪人生のプレッシャーとフロホのやかましさがピークに達する。
    • 担任達がテンションの高い放送で自習妨害してくる。壮行会がある。
    • 直前講習II・III期教材の交付が受付で始まる。
    • 第三回全国模試が返却される。結果が悪くても第一志望はゆずれない。
    • 私大の一部試験方式(センター利用など)は出願がこの時期まで。
  • センター試験
    • 全力を出し切ろう。
    • 1日目に自己採点は自信があってもしない方が良し。ただ気になり過ぎて二日目の試験に集中できないほどなのであればやっても良いかと。
  • センター試験直後(後期II期)
    • 後期II期は、最後の通年授業があったり、各自センターボケの解消を図ったり、センターの結果を踏まえて出願校を決めたりと、いわゆる調整期間である。
    • 浮かれる人や落ち込む人が多いが、他人に流されないように。自分が成すべきことを成せば良い。まずは本棚と机上からセンター関係の教材を一掃し、2次・私大対策モードに切り替えること。
    • 月曜日にセンターの自己採点を提出し、志望校判定を行う。結果は3日後に返って来る。なお、出席しないと駿台のデータネットを利用できない。河合塾のセンターリサーチは午後に行っても登録できるため、駿台の後に行く人も多い。
    • 後期II期授業が一週間行われる。内容は後期I期の続きの講義や実戦演習、添削指導。講師の思考プロセスに触れるだけでもセンターボケの解消に役立つので、出席を勧める。
    • 志望校判定を用いてクラス担任と面談を行う。そして国公立大学の出願へ・・・。高卒生は少し背伸びするか安全パイを狙うかの2パターンが主流。いずれにせよ油断は禁物。
  • 直前講習II期スタート
    • センターボケ解消には数日~数週間かかる。知識系は一から見直し、数学等の演習系は基礎の基礎は案外忘れていないので入試問題に当たって勘を戻すと良い。
    • 試験直前は過去問に「慣れ」たいため、プレ系の講座は多少遠征してでも日程の早いものが良い。但し、私立の入試日と被らないように注意。
    • センター明けで志望校を変える人が多いので、くじ引きで取れなかった講座にも変更しやすい。
  • 私立戦争勃発
    • 私立に全落ちすると国公立でプレッシャーかかるからなんとか頑張れ!
    • 私立1つも受けず自分を追い込むという手もあるにはあるが・・・。
    • 親が私立を受けさせてくれないという浪人生もいるらしい・・・。

2月

  • 国公立前期二次試験直前
    • 自習室から私立組や自主休校組が徐々に減って行き、全体的に静寂な雰囲気に包まれる。この違いは実際に凄い。
    • 国公立への仁義なき戦いに向けたピリピリムードが広がる。しかし、フロホ人口は以前と変わらず、相変わらずどんちゃん騒ぎをしている。
    • TAが異様に混む。そのためTAが講師室に質問に行くスタイルに変わる(一部教科を除き事前予約不要)。
    • 毎日SIカードを通すよう言う担任もいるが、全く通さなくても問題なし。
    • LHRがある。気合入るから行った方が良いかも?
    • 数日前に出陣式なるものがあるが、内容は壮行会の劣化版と似ている。
    • 受験のために他地域に移動する生徒が続出する。いわゆる「民族大移動」の時期である。
  • 推薦入試合格発表シーズン
    • 合格した人は一足先に弾ける。駿台への合格報告と入学手続を忘れずに。
  • 国公立前期二次試験
    • 今までの努力をぶつけよう!
  • 直前講習III期スタート
    • 前期試験の結果は最後まで分からないので集中しづらいが、最良の妥協案を勝ち取るには中後期の対策に力を注ぐ他ない。
    • 前期試験が終わった週はフロンティアホールが物凄く静かになるが、その翌週から逆に物凄くやかましくなる。
    • この時期に自宅or寮に再現答案依頼が来る。駿台に送ると図書券が貰える。
    • この時期から来期のレベル診断テストが始まる。

3月

  • 公立中期二次試験
    • 前期の結果が不安だけど気にせず全力を出し切れ!
  • 国公立前期合格発表
    • 合格した人は長い受験生活から解放される。合格報告しよう。
    • 落ちた人は後期へ
  • 国公立後期二次試験
    • 絶望的な状況の中最後の望みを持って出陣!
  • 大学入学直前特別授業
    • 大学合格者に対して無料で行う授業。
    • 基本的に気楽に受けられるが、竹岡先生は以後の語学学習の展望や注意事項などをしっかり語り、合格して浮かれる奴を叩きのめす。
  • 国公立中期・後期合格発表
    • ようやく全てが終わり、来年に向けての準備に追われる。
    • 落ちた人はクラス担任の温かい励ましと勧誘のために来年度入試に向けた駿台パンフレット20〇〇というものが渡される。

  • 最終更新:2017-09-06 15:52:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード