テキスト-理科(高卒)

物理

物理S・H(s)・B
  • どのテキストもPart1とPart2からなる。前期は物理を扱う上での道具や計算を主に扱い、後期はそれらの応用として各分野の物理現象を扱う。
  • 但し関西物理科は、指導方針の違いからこの内容配列をあまりよく思ってないらしい。それゆえ関東作成の『物理S』を用いた授業ではテキストの真価が発揮されない傾向が強く、他の関西作成の高卒テキストも望む配列が取れず理想的なクォリティにはなっていない。
  • 例として、『物理S』の内容配列は以下の通り。前期にまずPart1とPart2とで並行して力学を学ぶ(Part1では主に運動を解き、Part2では主に保存則を作る。その他雑多な力学は後期Part2)。その後波動など他分野に入っていく。
  • 内容が入り組んでいるが、異なる講師で学ばせて学生の見地を広げようという配慮があるらしい。しかし本質を追究しない方針の関西では、各講師の指導スタンスや解説方法の相違などにより大きな混乱が生じている。因みに先生達は各Partを毎年交互に担当するので、同じクラスで2浪すると2人の先生から全分野習うことになる。
前期Part1 前期Part2
§1-1 力と運動方程式 §2-1 運動方程式と束縛条件
§1-2 単振動 §2-2 運動量と運動エネルギー
§1-3 円運動 §2-3 2物体の相互作用
§1-4 慣性の法則 §2-4 静電場
§1-5 力学的波動 §2-5 コンデンサー
§1-6 熱力学(1) §2-6 電流
後期Part1 後期Part2
§1-7 磁束密度 §2-7 熱力学(2)
§1-8 電磁誘導 §2-8 質点系の力学
§1-9 過渡現象と交流回路 §2-9 剛体のつり合い
§1-10 半導体 §2-10 万有引力下での運動
§1-11 幾何光学 §2-11 前期量子論
§1-12 波動光学 §2-12 原子核


物理S
  • 森下先生(関東の先生)が作成。SS・SA・MS・MAは通年で、その他のスーパークラスは前期のみ使用。
  • このテキストは、関東物理科が方針とする物理学的な授業によってその真価を発揮する。つまり、物理的な状況を数学的に捉えて考察する中で、物理の内容を根本からしっかり理解して揺るぎない学力を養成するテキストである。
  • テキストはPart1とPart2から成り、各PartはBOX、講義用問題、EXERCISEから成る。
  • BOXには単に公式だけではなく定義や重要な考え方などがまとめられているが、簡潔すぎてあまり役立たない。なお、電磁気分野の線積分や面積分など、特に補足説明もなく高校では扱わない数学・物理の表記を用いている箇所がある。
  • 講義用問題はしっかり考察する力を養うために、難易度が高めで重たい問題が選定されていた。但し、レベルが年々引き下げられており、2015年度時点では教科書傍用問題集並みの問題が並ぶ。このことに対する批判も出てきている。
  • EXERCISEは自習用問題で、単なる公式や解法テクニックの練習ではなく、理解を確認し定着させるための問題が載っている。出典は載っていないがほぼ全て過去問であり、模範解答は2014年の改訂によりまあまあ丁寧かつ豊富。なお、難易度はEXERCISE<講義用問題である。
  • 全体的に分量が多いので、大体の先生は延長や補講を行う。特に、前期はPart2の比重が若干重く、後期はPart2で受験生が重視しないor苦手とする分野を多く扱うので、難しくて重く感じられがち。
  • 作成者の森下先生はこの一冊で十分だと仰るらしいが、指導方針が違う関西では多くの場合、問題集をもう一冊やるよう薦められる(演習量、難易度など)。前期の学習が軌道に乗ってきたら、あるいは夏になったら始めると良いだろう。
  • 中田(俊)先生は、各単元で本質に踏み込んだプリントを配布する。また、追加で難しめの問題にあたる必要性を説く。

物理Hs
  • 後期に『物理H』とセットで配布される超薄いテキスト。『物理S』から抜粋された差し替え用問題が並ぶ。
  • SS・SA・MS・MAクラスは通年で『物理S』を使う一方、非上位のスーパークラスは後期から『物理H』を使う。但し『物理H』には易しすぎる問題も含まれるため、それらをこの教材で差し替える。
  • 差し替えの失念を防ぐために、予め『物理H』の該当問題に印を入れておく、もしくは差し替え後の問題のコピーを貼り付けておくことを薦める。
  • 薄いので『物理H』に挟むとボロボロになりやすく、分けると授業に持って行き忘れやすい。荷物を一元化するために、予め差し替え後の問題をコピーして貼り付けておく方を薦める。
  • 最終的に『物理Hs』に全てまとめたいらしいが、2011年度の導入以来、暫定措置で2冊に分かれたままである。

物理H
  • 関西作成の超分厚いテキスト。非常に分厚くて扱いにくく、持ち運びも大変である。
  • SE・RE・MEは通年で、非上位のスーパークラスは後期に『物理Hs』と合わせて使用。大抵の先生が「簡単過ぎるのは『Hs』に差し替えるから大丈夫」と発言するが、旧帝志望者などには明らかに物足りない。
  • 関東から易しくするよう要請があったらしい。全般的に、2015年度の『物理S』よりも易しい問題が並ぶ。非常に単純な問題が多く、基本の確認には適すだろう。
  • 講義用問題も比較的単純。苦手な人でも授業準備がしやすく、講義にも付いて行きやすい。道具や認識の漏れ、ポイントのチェックなどにはもってこい。但し、入試問題への対応力(粘り強く考える習慣など)がつかない印象を受ける。
  • EXERCISEはA・Bからなり、『物理S』よりも量・解説ともに充実している。講義用問題と似たテーマの問題が多く載せられており、『物理S』のEXERCISEより長い問題で穴埋めが多い。
  • レベルや量の関係で、多くの講師がもう一冊問題集をやるよう勧める。この教材は負担が少なくて復習に時間をかけずに済むため、他の問題集にも手を回しやすいのだとか。
  • 高井先生や三幣先生がこよなく愛している。

物理B
  • 作成者は中田(正)先生。SF・SG・RFが使用。
  • 前期・後期共に基礎問題が集められている。
  • そのためクラス替えなどでテキストが変わると結構な難易度の差を感じるかもしれない。
  • EXERCISEは『物理S』のものとほぼ一緒だが、授業問題は月とスッポン。

センター物理
  • 文系用の教材。

物理難問演習
  • SS・MSクラス専用のテスト演習型の教材。
  • 新田先生が作成。問題は1回1問。範囲はその週学んだ『物理S』(Part1・2両方)から。20分のテスト演習+30分の解説授業。
  • 東大京大の難しい過去問またはオリジナルの難問(だいたい微積が伴う。例えば過渡状態のコンデンサーに流れる電流の大きさとかコリオリの力など)がメイン。

パワーアップ東大・京大・阪大物理
  • スーパー東大、スーパー京大、スーパー阪大の各集中コース専用のテスト演習型の教材。実際の過去問や他大学の過去問の形式を整えたものや実戦模試の過去問などからなる。

パワーアップ医系物理
  • 医系集中コース専用の教材。
  • 但し、単科医科大系の問題の対策と考えるとかなり難易度は易し過ぎる気がする。

パワーアップ私大物理
  • 私大系のコース専用の教材。
  • 牛尾先生作成のテキスト。公式導入の例題が多数載っている。
  • 最初の25分はテキスト解説、後半25分はテスト演習である。

物理A、B-1、2
  • 理系クラスで年明け授業に行うテスト演習。
  • 難易度別に『A』、『B』の2種類あり、『A』は理系スーパーコースの全クラス、『B』は国公立理系ハイレベルorノーマルコース、私立理系コースの全クラスで使用する。
  • 更に分野別にそれぞれ1、2の2種類あり、1は力学・波動、2は電磁気・熱を扱う。
  • 基本的に通期の担当の先生が担当。

化学

化学S・H・C
  • Part1とPart2は別々のテキストである。
  • どちらのPartも学習内容がストーリー立てられており、一から理解を組み立てられるような配慮がなされている。
  • 例として、『化学S』の内容配列は以下の通り。Part1は構造の理論と無機(基本的な反応と無機化合物)、Part2は状態の理論と反応の理論と有機を扱う。但し、有機の選択分野は後期II期教材のPart2で講義する。
  • なお主な担当講師はPart1は北山(一)、山下先生など。Part2は片山、嶋田、所先生など。石川、岡本、星本先生などは両方担当する。
前期Part1 前期Part2
第一章 原子 第一章 気体
第二章 結合 第二章 状態変化
第三章 結合-構造-性質 第三章 溶液
第四章 酸・塩基と中和反応 第四章 熱化学、反応速度、平衡
  第五章 有機化学の基礎
後期Part1 後期Part2
第五章 酸化還元反応、電気化学 第六章 脂肪族化合物
第六章 沈殿、錯イオン生成、分解反応 第七章 芳香族化合物
第七章 グループ別各論 第八章 天然有機化合物
第八章 元素別各論 第九章 合成高分子化合物
  第十章 染料、洗剤、医薬品

化学S
  • テキストは石川先生作成。理系のスーパーコースのクラス全てで使用する。
  • 通年の分量が凄く多く、特にPART2は石川先生ですら授業延長や補講を行うほどである。全部こなすのは至難だが、化学は範囲が広いので仕方ない。毎週コツコツ進め、復習も計画的にコツコツとやるのが良い。
  • テキストの各章はいくつかの項目から成り、各項目は要項・基本チェック・演習問題から成る。章末には参考問題が数題ある。
    • 要項には学習の要点が1ページにまとめられている。講義で詳細が展開されるが、『新理系の化学(石川先生の著書)』にも詳説が与えてある。
    • 基本チェックと演習問題には確実にマスターすべき内容が含まれている。従って、講義説明、基本チェック、演習問題をメインに学習していくと良い。
    • 参考問題もできる限り取り組むと良い。但しこちらは多少やり残しがあっても、講習の『特講I(夏期)』や『○大化学』などで賄う方針が取れる。なお、参考問題はどの章も後ろの問題ほど難易度が高いが、その分解説が丁寧になる。
  • 前期Part1は誰がやってもあまり差はないが、混成軌道を解説されると特に無機・有機で理解が充実する。Part2は先生による内容の差(特に気体と有機)が激しいので良講師が当たるとHAPPY。
  • 後期Part1の元素別各論は殆ど扱わないという講師も多い(北山(一)先生、片山先生など)。また、講義は行うが演習問題はプリントで済ます先生(石川先生)もいる。
  • 化学の背景にある理論をしっかり説明し、問題解説の中で解法/単元の最重要ポイントを示す授業を行うことで、このテキストは真価を発揮する。但し、テキストのストーリー性に反して独自の授業を展開する講師(北山先生など)や、背景の理論説明よりも解法の提供を重視する講師(岡本先生など)や、問題の背景の考え方を解説する講師の場合、テキストの良さが活きない。指導方針が違うと、最適なテキスト像は変わってくる。
  • 関西の通期授業では基本的に、有機分野は電子論を使いながら学習していく方針である。しかし、石川、所、山下、高田、嶋田、坂田先生などとは違い、星本先生等はあまり前面には押し出さず、また北山先生や岡本先生等は殆ど使わない。これは、大学入試の上では深い知識や背景は必要不可欠というわけではなくあくまで暗記の助けであり、入試問題に対応できるだけの知識と解法をマスターできれば良いと考えているためである。
  • 但し、前期教材にはPart1・2共に付録に混成軌道の解説が詳しく載っているので、じっくり読んでみるのも良いだろう。
  • また従来の高校での指導の誤りを指摘するため、あえてあまり宜しくない問題、新課程で削除された範囲等が講義用問題に入っていることがある。そういった部分を担当講師が普通に解説して終わらせた場合、本来得られるはずだったものが得られなかったことになる。

化学H
  • テキストは大橋先生(関東の先生)がPart1、星本先生がPart2を作成。SE・RE・MEが使う。
  • 作成者の思想により無駄に分厚い。そのため使いやすさや持ち運びやすさはイマイチ。
  • 分厚いのは基本問題が非常に多いため。ハイレベルコースの人には必要な量なのだろうが、各自の教材や駿台の副教材を使わせれば良い気もする。
  • 特にPart2の後期テキストは、山下先生曰く「このテキストで人をどついたら余裕で傷害罪で逮捕されるぐらい凶器になるから扱いには注意しろ。」とのこと。

化学C
  • SF・SG・RFが使用。
  • 初学者でも付いて行けるように作ってあるテキスト。

センター化学
  • 文系用の教材。
  • 作成者は淵野先生。

化学難問演習
  • SS・MSクラス専用のテスト演習型の教材。
  • 北山(一)先生が作成。
  • 範囲はその週の『化学S』(Part1・2両方)から。
  • 20分のテスト演習+北山(一)先生による30分の解説授業。
  • 内容は難しめだが、北山(一)先生特有の解法なら早く解ける。つまり問題演習版レジュメプリント。

パワーアップ東大・京大・阪大化学
  • スーパー東大、スーパー京大、スーパー阪大の各集中コース専用のテスト演習型の教材。該当大学の過去問や実戦模試の過去問などからなる。

パワーアップ医系化学
  • 医系集中コース専用の教材。
  • 岡本先生が作成。
  • おまけの生徒同士の対話のコーナーには全くセンスが感じられない。
  • 因みに岡本先生の映像単科で使っている教材と説明や問題が一部被る。

パワーアップ私大化学
  • 私大系のコース専用の冊子の教材。講師により解説する問題が異なる。
  • 最初の25分で解き、後半25分はその解説である。

化学A、B-1、2
  • 理系クラスで後期II期に扱うテキスト。石川先生が作成。12月のLHRで配布。
  • 難易度別に『A』『B』の2種類あり、『A』は理系スーパーコースの全クラス、『B』は国公立理系ハイレベルorノーマルコース、私立理系コースの全クラスで使用する。
  • どちらも内容は二部構成で、1は理論系(蒸気圧、溶解度積)、2は高分子化合物系(医薬品、染料)を主に扱う。
  • 基本的に通期の担当の先生がそのまま1、2に降りる。

化学(入試対策問題集)
  • 関西の校内生のみ購入可能な大学別の対策問題集。
  • ラインナップは、東大、京大、阪大、名大、九大、神戸大、医系、難関国公立大、国公立大、国公立大(中部圏)、国公立大(九州圏)、私大。但し、名大、九大、神大などは買えるコースや校舎が限られている。
  • 副教材なので、授業で扱うことは100%ない。4月の教材交付の時に買うか迷うだろうが、早急に必要なわけではない。過去問演習したくなった段階で買うと良いだろう。(受付で副教材の購入用紙を貰えば良い)。
  • 但し、かなり分量があるので、一気に全てこなすのはキツイ。早い時期から少しずつやるor収録問題のうち他大の問題ではなく過去問を優先的にやるのが良いだろう。やるなら早めに買って進めておこう。
  • 利点としては
    • 問題量が豊富である(どの大学も160題程度)
    • 古くて手に入りにくい過去問が載っているものもある
    • 分野毎にまとまっておりピンポイントで演習できる
    • 基本と応用に分かれていて使い勝手が良い
    • 直前期の総復習でこの教材が無双できると自信が付く
  • なお、『京大』は収録問題の全てが過去問だが、それ以外は大体6割が過去問で、4割は他大学の類似問題。
  • 講習の大学別講座と収録問題が被るため、東大/京大志望者は講座を取らずに本問題集をやるのもアリ。但し、紙面スペースの都合上、解説の詳しさは青本や講習教材に軍配が上がる。というより、青本や校内教材の解説のダイジェスト版が本教材である。
  • 私見だが解説の詳しさは、京大>神戸大>阪大>東大>医系。『京大』は石川先生作成ゆえ、講習の『京大化学』とほぼ同クォリティの詳しさ。『神戸大』と『阪大』は別冊の解説が無駄に分厚い(後期『化学H』ぐらい)・・・。
  • 表紙に「駿台化学科編」とある通り、問題によって解説の詳しさにバラつきがある。但し、編集主任の先生が代表してまとめている。(『京大』は石川先生、『医系』は所先生、『神戸大』は星本先生)。なお、化学の場合は青本も同じ編集方針である。
  • イメージとしては「一通り学習した人が総点検&力試しにやる問題集」といった感じなので解説に期待してはいけない。とにかく数をこなしたい人にオススメ。
  • 2016年度をもって絶版になる予定。校内生に存在が十分認知されておらず、売れ行きが悪いためらしい。

生物

生物S
  • 駿台生物科が誇る最強の教材。それが『生物S』。
  • スーパークラス全てで使用する。Part1とPart2は別々のテキストである。確認問題&補充問題付き。
  • とても難しく(関関同立~東大レベル)、受験生物界でここまで難易度の高い問題集は出版されていない。つまり、このテキストを完璧にすれば怖いものなしである。
  • 分量が多いのでコツコツやらないと後々後悔する。収録されている問題は近年大学入試で出題された問題である。よって最終的な到達目標とも言える。
  • 因みに先生達は各Partを毎年交互に担当するので、同じクラスで2浪すると2人の先生から全分野習うことになる。

生物H
  • ハイレベル及びノーマルのコース全てで使用する。
  • 確認問題&補充問題付き。

生物難問演習
  • SS・MSクラス専用の教材。

パワーアップ東大・京大・阪大生物
  • スーパー東大、スーパー京大、スーパー阪大の各理系集中コース専用の教材。

パワーアップ医系生物
  • スーパー医系集中コース専用の教材。

センター生物
  • センター用の生物のテキスト。
  • 前期テキストの表紙に精子のイラストが描いてあったり、後期テキストの背表紙が「2010後期」になっている。

生物A、B-1、2
  • 理系クラスで年明け授業に行うテスト演習。
  • 難易度別に『A』、『B』の2種類あり、『A』は理系スーパーコースの全クラス、『B』は国公立理系ハイレベルorノーマルコース、私立理系コースの全クラスで使用する。
  • 更に分野別にそれぞれ1、2の2種類ある。1は『生物S』(Aの場合)、『生物H』(Bの場合)-1の範囲、2は『生物S』(Aの場合)、『生物H』(Bの場合)-2の範囲を扱う。
  • 基本的に通期の担当の先生がそのまま1、2に降りる。

地学

  • 地学
  • いきなり問題から始まるので、地学において学ぶべきことの概観がしづらい。後の方に載っている各分野のまとめを一番最初に持って来るべきである。
  • しかしこれらは1、2ページ程度の簡単なまとめでしかないので、このテキストだけで現象や事実の、原理や因果関係を完璧に把握するのは難しい。
  • 初学者がこのテキストで学ぶことははっきり言って不可能である。初めて地学を学ぶ人は教科書等で勉強した方が良い。
  • 教科書、面白いほどシリーズ、数研出版、そこそこ分厚ければ何でも良いので「参考書」を購入しよう。基礎知識が無ければどうしようもない教科である。なお、高校で地学を取っていなかった人のために駿台が教科書を取り寄せてくれる。
  • 写真がないと岩石暗記の分野で(つまらなさ過ぎて)99%挫折するので、資料集的なものが手に入るとなお良し。
  • 浪人の既習者にもやや難し目に作られているテキスト。これをきっちりやった後にセンターの問題を見ると簡単過ぎてアホらしくなるのでやり過ぎに注意。
  • 有料でセンターの過去問集がある。

  • 最終更新:2017-06-23 16:30:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード