サテネット-国語

★以下3つの講座は霜 栄先生(関東の先生)の講座。
方針が関西駿台現代文科のものと異なるので要注意。
  • 現代文センター試験対策
主にセンター過去問を使用し、前期は読解ポイントを、後期は解答ポイントをメインに講義する。講義前半は文章の内容を確認しつつ構造性の板書解説を行う。講義後半は各選択肢の内容を大きく捉えていき、十分な本文理解に基づいて話題と方向性の観点で正誤判定を行っていく。記述問題を扱う日もあるが、模範解答の板書に無駄に講義時間を使う。
関西の授業が合わないなら、受けてみても良いかもしれない。しかし、講義スタイル・内容量から判断するに、文章の読解経験を積みたい人でない限り、年間で受講するほどの物ではないかもしれない。

  • 現代文攻略法 -言葉と出会うことから-

  • 現代文難関大対策

  • 苦手解消!現代文読解法 -選択・記述の壁を越えて-
中野(芳)先生の映像講座。2014年度からの講座。
センター試験から、東大京大早稲田の難問まで扱う。
「苦手解消」と書いてあるが、上記のように最上位クラスの大学でも更に難度の高い問題を扱う(特に後期)。決して易しい講座ではない。


  • 古典センター試験対策
渡辺 剛啓先生(古文)・三宅 崇広先生(漢文)(両者共に関東の先生)の講座。
授業も中々良いが、テキストの付録が充実している。(特に漢文)
漢文に関しては講習会の『古典パーフェクトレクチャー』(オンデマンド)で同じ付録が入手出来る。
但し、後期の『漢文V』との問題重複がある。というのも、前期は担当者による創作問題を扱うが、後期は過去問を扱うためである。

★以下2つの講座は上野 一孝先生(関東の先生)の講座。
  • 必修古文 -基礎から応用へ-

  • 古文がよくわかるシリーズ -単語・熟語-/-基礎からはじめる和歌の攻略-

★以下3つの講座は関谷 浩先生(関東の先生)の講座。
  • 古文難関大対策 ~基礎固めから完成まで~

  • 古文解釈のエッセンス -論理的な解釈を目指して-

  • 古文がよくわかるシリーズ -助動詞詳説1-/-助動詞詳説2推量形助動詞を中心に-/-助詞詳説-/-敬語詳説-

  • 初歩からの漢文 <基礎力養成編>
三宅 崇広先生(関東の先生)の講座。

  • 最終更新:2016-05-19 02:02:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード